よく眠れなくて頭痛がする

毎週通って来られる方が、いらっしゃいました。60代の女性のお客さまです。

今日も調子が悪く、よく眠れず、頭痛がするとのこと。

着替えていただいて、うつ伏せになっていただいて始めました。

頭痛がするようですがいつもの熱感はなく冷たい感じがします

顔色がすぐれず、声が小さいと感じました。いつものように頭頂から器具で擦っていきます。頭頂付近の熱感の感覚は、頭痛の症状がない状態と変わらず普通に温かいです。

いつもこの方の場合、片方が熱くもう片方が冷たく感じるのですが今日は違います。一通りゴシゴシが終わって首筋に移動します。

感覚的なものですが、器具を伝わって来る感じがとても冷たい。軽いタッチで何度も何度も器具の底で擦ってみました。

少し肌に赤みが差して、多少滑りがよくなりました。そこで、今度は器具を左右の手に1本ずつ持って、先端で垂直に軽く軽くなでるように擦ってみました。

刺激に対して体の反応が鈍い感じがします

そして、今度は先端を強く当てて3秒くらい抜く。これを10ヶ所くらい繰り返しました。刺激に対して体の反応が鈍く、今日はとても重症に感じます。先日より辛いと思う。

今度は左肩から腕、手のひらにむけて擦っていく。やはり冷たい。血色が感じられない。そしていつものピリピリ感が感じられない。右肩の方も同じように擦って手のひらに移動する。いままで何年もこのお客さまを療術してきて初めての体感です。

次に背中に移動します。

まず右手に器具を2本持ち、首筋付近から横に行ったり来たり擦っていきます。行ったり来たりというのは、うつ伏せのお客様の右腕側の側面に立って横に擦っているからこのような表現になります。とても冷たいです。

軽く擦っていきます。いつもは肌が乾燥肌ですが、ベットリとした肌の様子です。だんだんと下へ、腰方向に降りていきます。もう一度首筋からやや強く擦っていきます。いつもなら引っかかって手に負荷がかかりますが、今日は違います。

ツルツルしていて、皮膚の表面がとても硬い状態です。ちょっと首をかしげてしまいます。だんだんと強さを加減しながら腰の方へと下方向に移動していきます。

擦っていても流れがなかなかよくなりません

今度はまた元の位置に戻り、「川」の字を書くように、首筋から腰方向へと下へ下へと擦っていきます。

いつもなら肌全体が赤くなっていきますが、今日はところどころ、引っ掻き傷でも作ったように薄赤くなっていて、万遍なく擦っているにもかかわらず「ムラ」がある状態です。

温かい所と冷たい所の差が、なかなかなくなりません。でもめげずに腰のあたりまで擦ります。擦っていても、緊張状態のようにコチコチです。そして、脊髄から5センチくらい離れた両側が盛り上がっています。

いけませんな。不眠のため、からだが緊張状態だったんだろうと想像します。私の立ち位置を頭の真上に変えて、器具を左右の手に1本ずつ持ち、背骨を挟み込むように垂直に立ててよくない感じを挿し込んで抜いていきます。

腰のあたりまで来たら、立ち位置をお客様の右側に変えて、右手に2本の器具を持って、また上の方から擦り、滑りの悪い所を探っては、垂直に立てて抜きます。この作業を腰まで繰り返してます。

やっと少し温かくなってきた

今度は立ち位置をお客様の左側に変えて、同じように作業をして行きます。とても冷たく感じていた体が何となく温かくなってきました。ご本人に尋ねると、あまり温かさを感じないとおっしゃるので、前回よりよくない感じです。

妻は腰から下、膝からふくらはぎ、足へと擦っています。

私は足もとに回り、ふくらはぎから擦り始めます。やはりとても冷たく感じます。足裏を片方ずつ徹底して擦り上げました。そうしながら、先端を当て、強く抜いていきます。これを3度ほど繰り返しました。

次に、体を横向きにしてもらいます。

私は、頭から強めにゴシゴシと擦っていきます。少し強めにゴシゴシ擦ります。後頭部がとても冷たいです。その両脇は少し温かみがあります。左右の手に器具を1本ずつ持ち器具を立てて抜いていきます。次にあごから顔を擦っていきます。目の周り、おでこも擦ります。

耳の中も抜きます。器具を立てて軽くかき混ぜるようにした後3秒くらい置きます。すると中から熱感が抜けていきます。

妻は、側面の背中を擦っていきますとお腹がググーッと泣いています。腸が動き出したようです。妻は、念入りに肩から始めて、背中、腰、膝へ移動していきます。

次に反対側を上にして横向きに寝てもらい、同じことを繰り返して体を調整していきます。

頬に血色が戻らない

最後は仰向けになってもらいます。しかし、相変わらず青ざめた顔に血色が戻って来ません。

また、頭から始めて今までより少し強く、ゴシゴシ擦って行きます。

次に器具を両手に1本ずつ持って、器具の腹を使って顔の真上から左右に動かして擦っていきます。お客さまは花粉症持ちで、今日は鼻の周辺は滑りがよくなく調子が悪そうです。

次に、体は仰向けのままで、顔だけ左に向けてもらって、リンパの周辺を擦っていきます。さらに、右に向けてもらって同じように擦っていきます。

顔から首筋に器具を当てながら移動して、あごの下も擦ります。

妻は、胸部からお腹、腰、太ももへと下へ下へといつものとおり悪い所を流していきます。

私はそれを待ち受けていて、足裏をゴジゴシよく擦って、きれいに取り残しのないように器具を当てて抜きます。

最後に二人で、手のひらを使って身体全体を払って終わります。

今日のまとめ

お客さまは眠くて眠くて仕方ない様子です。今日はとても体が冷えているようなので、体を温めてゆっくり休んで下さいとお伝えしました。

へそとへその裏側の背中あたりを使い捨てカイロで温めたり、薬局で売っている火を使わない○○灸のようなもので温めることをアドバイスしました。

お茶を一杯飲んでもらってお帰りになりました。