左肩の凝りと左腰に熱感、両足の三陰交に熱感がありました

毎週来られる60代の女性のお客さまです。

早々に術着に替えていただいて、治療台にうつ伏せになっていただきます。

私は頭頂部から擦ります。全体を強く擦っても強い熱感を感じず、調子がよいようです。しかし、油断ならないので、いつも通り確認しながら頭頂部にたまっている熱感を抜いていきます。

このお客様は、慢性頭痛で緊張型の頭痛と血管拡張型の頭痛の混合タイプの方ですから、毎回痛みがあるのですが、今日はよい感じです。

頭頂部の療術です。この画像は説明のため、妻にモデルになってもらって撮りました。(お客さまの写真を勝手に撮ることはありません)

肩に熱感を感じます

次に左肩に移動して左手に向かって移動しながら擦っていきます。左肩に異常に盛り上がった部分があり、熱感を感じます。

左の肩こりをよく擦って抜きます

ひどい肩こりを感じます。ほぐすために、首筋から念入りに肩凝りのツボである肩井へと擦って抜いてを繰り返します。肩井は特に体の深部にツボがあるため、器具を垂直にして少しずつ挿し込んで熱感を抜いていきます。

肩凝りの療術です。この画像は説明のため、妻にモデルになってもらって撮りました。

落ち着いたところで、次は右肩の方も擦ったり抜いたりして療術を行います。

次は、背中に移動します。背中の盛り上がりは感じませんが、背中全体を擦ります。

首筋から腰にかけて移動しながら「川」の字を書くように器具を動かしながら擦って移動していきます。今日は、左腰に強い熱感を感じます。

左腰の強い熱感は腰痛の始まりかと思いました

腰痛は万病につながることもあるという事からいつもより慎重に擦って抜いてを繰り返していきます。左腰の強い熱感の部位では、ゆっくと器具を立てて熱感を抜いていきます。

いつもこの方は背中に盛り上がりがあり、胃腸の調子が気になっているのですが、今日は胃腸の調子に問題はなさそうです。

いつものように妻は、腰からふくらはぎへと擦っていき、右左足のふくらはぎで逆なで擦りを始めています。

三陰交を刺激します

両足の三陰交という3つの経絡が集まるツボ、女性特有の更年期の身体が冷たくて、顔だけが熱く感じるホットフラッシュの改善のツボでもあります。今日は両足の三陰交を中心とした擦りと抜くを繰り返しながら整えて行きます。

徐々に熱感が落ち着いてきたようです。流れの悪い所では器具を立てて熱感を抜いています。次に足裏に移動して擦りながら器具を立てて抜いてを繰り返して、左右同じように擦っていきます。

次に横向きの姿勢で、頭頂から始めます。頭全体がやわらかな平均した温かさを感じて改善の様子がうかがえます。首筋から肩へと移動しながら擦っていきます。

妻は背中から腰にかけて擦って抜くを繰り返しながら移動していきます。私は、足裏に移動して擦ります。反対側も繰り返して調整していきます。

最後は仰向けになってもらって、私はまた頭頂から擦り始めて、首、肩へと移動していきます。妻は、胸部からお腹、腰、太ももへと下へ下へと擦っていきます。私は、足裏を擦っていくと両足の底から熱感を感じて、器具を立てて熱感を抜いていきます。

最後の仕上げ作業は、体全体の熱感を体から離すために、私と妻が手のひらをかざして足下方向に払って、熱感が静まるまで払っての作業を繰り返して静まったところで終わります。

手で熱感を払っている様子です。

今日のまとめ

今日全身を擦ってみて、感じたことです。

この方は、慢性頭痛で緊張型の頭痛と血管拡張型の頭痛の混合タイプの方です。頭に少し熱感は感じましたが、お客さまがいわれていた通り頭痛は落ち着いていました。

今日は、左肩こりを強く感じました。

左腰に熱感を感じたのですが、お客さまは腰痛を感じないようです。ひょっとすると腰痛の始まりかもしれないなと思いながら療術を行いました。

最後は、両足の三陰交に強い熱感を感じたので、念入りに療術を行いました。

人間の身体は刻々と変化して行きます。もちろん、いつもと同じところが痛いという場合は多いですが、痛む場所が変わる時があります。

私たちは、毎回、どんなお客さまが来られても頭から足裏まで擦って熱感を抜きます。終わってお茶を飲みながら、今日はこんな感じでしたよとお話ししますが、質問をしていただければ、できるだけ丁寧にお答えするようにしています。

お茶を一杯飲んでいただいて、玄関までお見送りしました。