左膝のお皿の付近が痛むという割には調子がよさそうでしたよ

50代後半の女性が、2週間ぶりに来店されました。

前回は、左腕から背中にかけての痛みでした。

今日はどうですかと尋ねると、左膝のお皿の付近が痛むとのこと。以前、痛みを感じていたバネ指に関しては全く気にならなくなったとのことです。花粉症のことも何にもいわないので調子がよさそうです。夜もよく眠れているようです。

治療着に着替えてもらい、いつも通りベッドにうつ伏せに寝てもらい、療術を始めました。

まず、頭部を器具の底で擦ってみると、熱感を感じずとても調子がよさそうです。

首筋から腕、手のひらへ移動して擦っていくと、滑りがよく流れがよいようです。こんなにも人の身体の調子は違うものかと、分かっているつもりでも改めて感心することです。

次に器具の底を使って、背骨を中心に左右の首筋を片方ずつ軽く擦って調子を整えます。滑りは悪くないです。

今日はこちらもペースが上がり順調に進みます。背骨を器具の底で背中から腰まで上から下方向へ擦り、線を塗り重ねるように擦っていきます。

さらに、背骨を横方向を左右行ったり来たり、擦りながら下方向へ移動していきます。その中で気になる部分は擦りながら下へ移動させ、滑りが悪く流れの悪い所には、器具を垂直に立てて数秒間抜きます。

そうしながら、舟の舳先を移動させるかのように器具を擦らせながら滑りの悪い所を探していきます。これを繰り返して腰のあたりまで移動していきます。調子が悪く感じていない人でも、この程度の滑りの悪い所はあるものです。

妻は、いつもと同じように腰からもも、ふくらはぎ、足首に向かって擦っていきました。ふくらはぎの滑りが悪いらしく、何度も器具の腹で擦っています。特に左足の膝後ろのくぼみでは何度も何度も擦って抜いてを繰り返しています。

この時の熱感が抜ける感じを後から妻に聞いたら、皮膚が赤らんできてボボボーと抜けたといっていました。その後、この場所は調子が良くなってきました。

次は、ふくらはぎ、足首を探ってみると、今回はあまり引っかかりを感じないので、擦ることに専念して足裏まで終わり、手で余分な熱感を払い終わりました。

私が足裏を擦って器具を立てて抜くことを繰り返していると、私の顔の方に、まるで馬が後ろ足を蹴上げるようにポーンポーンとお客さんの足が飛んできます。くすぐったい証拠なのです。

こうしたことは結構ある風景です。妻が擦っている時に出切らなかった熱感を、再度、私が足裏まで追い込んで器具を立てて抜いたからこそ起こる現象なのです。

今度は体を横向きにしてもらいます。

また頭部から擦り始めますが、先ほどのような熱感は感じられずとても調子が良いです。そのまま首から肩を経由し、お客さんの手から指先まで擦ります。

流れがよくなっているのを感じます。次に耳の穴に器具を入れてたまっている熱感を取り除いていきます。必ずといってもよいほど誰もがボッーと抜けます。

いつものように左手の手のひらを軽く擦ってみると、いつものとおり親指の付け根にある太陽丘は硬くなっていましたが、擦ると気持がよいようです。特に熱感はありませんでした。

次に、反対側の側面を上にして横向きになってもらい、また頭部から擦り始めますが、顔、耳など同じ動作を繰り返します。

最後に仰向けになってもらいました。

頭頂からおでこまでの間を探りながら擦っていくと、リズムに乗って調子よく滑ります。ここは調子がよいようです。

顔も擦っても滑りよく調子よさそうです。花粉症の症状について聞いていませんが、顔全体、おでこのあたりから首にかけて何度も何度も行ったり来たりして器具の腹の部分を使って擦っていきます。

すべりが良く、こめかみに器具の先端を当て何度か熱感を抜きスッキリした顔つきです。

余分な熱感は手で下へと手で払って流します。

妻は胸からお腹のヘソの回りへと移動していきました。

最後に膝の回りを、円を描くように軽く軽く擦り、お皿の周りも軽く細かく先端を当てて熱感を抜き、それから足裏まで下に向けて擦り、二人で手で払って終わりました。