右側の頭痛に今日は熱感を感じます。右ふくらはぎにも熱感を感じました

毎週来られる60代の女性のお客さまです。

いつものように着替えていただいて、治療台にうつ伏せになっていただきます。

また頭痛が起きているようです

まず、頭頂を擦ると、右側は腫れ上がったような張りの感覚があり、熱感を感じます。左側は硬く冷たく感じます。

私が感じるお客さまの痛みの感覚が前回とは正反対です。普段なら、左頭頂部に片頭痛が生じている感覚なのですが、お客さまには痛みの自覚症状はありません。

しかし、右側は、血管拡張による緊張型頭痛が起きています。多分寝不足なんだろうと思いました。

この方は、慢性の頭痛持ちで、緊張型の頭痛と血管拡張型の頭痛の混合タイプの方です。

今日は全体を柔らかく擦ることにします。少し擦って抜いてを続けていきます。熱感が落ち着いたところで移動します。

頭頂部で熱感を抜いている画像です。この画像は説明のため、妻にモデルになってもらって撮りました。(お客さまの写真を勝手に撮ることはありません)

次に左肩に移動して左手に向かって移動しながら擦っていきます。右肩の方も同じように擦っていきます。

次は、背中に移動します。

背中の盛り上がりは感じませんでした

いつも感じる背中の盛り上がりを今日は感じませんが、器具の底で、全体を回転させながら擦ります。

十分に柔らかくなったところで、首筋から腰の方に「川」の字を書くように器具を動かしながら擦って移動していきます。今日は、胃腸の調子はよさそうです。

背中の療術している画像です。この画像は説明のため妻にモデルになってもらって撮りました。

左のふくらはぎが張っている

いつものように妻は、腰からふくらはぎへと擦っていき、左足のふくらはぎで逆なで擦りを始めています。左のふくらはぎの凝りを感じているため、擦り上げを3度ほど繰り返していきます。徐々に柔らかくなってきたようです。

流れの悪い所では器具を立てて熱感を抜いています。足裏に移動して擦りながら器具を立てて抜いてを繰り返して、今度は右側も同じように擦っていきます。

次は横向きの姿勢で、また頭頂から始めます。手に伝わって来るだいぶ落ち着いてきた感じです。頭全体がやわらかな平均した温かさを感じます。次に、首筋から肩へと移動しながら擦っていきます。

妻は背中から腰にかけての担当なので、私は、足裏に移動して擦ります。反対も同じことを繰り返して調整していきます。

最後は仰向けになってもらって、私はまた頭頂から擦り始めて、首、肩へと移動していきます。次に顔からリンパの周辺を擦っていきます。

次はあごの真下に垂直に器具を当てて擦ります。

妻は、胸部からお腹、腰、太ももへと下へ下へと擦っていきます。左ふくらはぎから足首も、柔らかくなってきたようです。

私は、足裏をよく擦ってから熱感を抜きましたが、左は3回ほど熱感を感じました。

足裏の指の間から熱感を抜いている画像です。この画像は説明のため妻にモデルになってもらって撮りました。

いつもの仕上げ作業で、私と妻が手のひらをかざして体全体に残る余分な熱感を払い、静まるのを確認して終わりました。

今日のまとめ

今日は、右側の頭痛と左ふくらはぎの凝りを感じました。頭痛は、お帰りになって30分くらいすると落ち着くと思います。今日のような場合は、擦って抜いてもすぐに痛みは消えません。少し時間が必要です。

このところ体調がよくなったように感じていましたが、梅雨時はどんな方でも調子が落ちます。定期的に療術をしていて右肩上がりに体調がよくなると理想的なのですが、体の反応はそう簡単にはいきません。

ふくらはぎの擦りの療術です。この画像は説明のため、妻にモデルになってもらって撮りました。

お帰りに玄関までお見送りし、今日はラベンダーを差し上げました。