慢性頭痛と胃腸は調子がよさそうです。左のふくらはぎに少し凝りを感じました

毎週来られる60代の女性のお客さまです。

治療着に着替えていただいて、治療台にうつ伏せになっていただきます。

私は、いつも頭から療術を始めます。前回に続いて、頭頂から擦ってみても、安定した穏やかさと暖かさを感じます。ビリビリとした感じがありません。

この方は、私の手には冷たく感じる緊張型頭痛をお持ちです。そして、それとは別の場所に熱く感じる頭痛がある混合型なのですが、前回に続いて今日も調子がよいようです。

頭頂部を抜いている療術です。この画像は説明のため、妻にモデルになってもらって撮りました。(お客さまの写真を勝手に撮ることはありません)

頭痛の場合、頭頂を擦りながら熱感によって夜よく眠れているかいないのかを判断していきます。今日も調子がよいので、ゴシゴシ強く擦っていきます。

だんだんと後頭部から首筋に移動して擦っていきます。首筋から背中も張っている感じです。これはいつもと同じように器具の底を使って擦っていきます。続いて、左肩に移動して左手に向かって擦っていきます。

さらに、手首から手のひらへと擦っていきます。手首付近で器具を垂直に立てて熱感を抜いていきます。

右肩も同じように擦っていきます。

いつも「盛り上がり」があって気になる背中に移動します。

やはり今日も背中に盛り上がりがあり、その場所に凝りを感じます。器具の底で、凝りを回転させながらしばらく擦りました。だんだんと柔らかくなってきました。

もう一度、首筋から腰の方に器具を立てて擦り下げていきます。作業の動作は「川」の字を書くように器具を動かしながら擦って移動していきます。

今日も背中の盛り上がりがありますが、器具から伝わって来る感じでは、胃腸の調子はよさそうです。

最近は、少し重たいものを持っても腰が痛くならないようです。

いつものように妻は、腰からふくらはぎへと擦っていき、左足のふくらはぎで逆なで擦りを始めています。左のふくらはぎの凝り、特に足首付近に強く感じるようです。

下に擦り流してから逆に擦り上げてを3度ほど繰り返していきます。徐々に落ち着いてきたようです。

流れの悪い所では器具を立てて熱感を抜いています。足裏に移動して擦りながら器具を立てて抜いてを繰り返して、今度は右側も同じように擦っていきます。これで左右調子よくなったと思います。

次は横向きに寝てもらいます。また頭頂から始めますが、調子がよいので強く擦っていきます。頭全体がやわらかく温かく感じます。

次に、首筋から肩へと移動しながら擦っていきます。こちらもよく滑ります。

妻は背中から腰にかけての担当なので、私は、足裏に移動して擦ります。反対も同じことを繰り返して調整していきます。

最後は仰向けになってもらって、私はまた頭頂から擦り始めて、首、肩へと移動していきます。次に顔からリンパの周辺を擦っていきます。

次はあごの真下に垂直に器具を当てて擦ります。ここは意外に気持ちがよいのです。

妻は、胸部からお腹、腰、太ももへと下へ下へと擦っていきます。今回流れの悪かった左ふくらはぎから足首も、少しずつ調子が戻ってきたようです。

私は、足裏をよく擦ってから、器具を立てて熱感を抜いていきます。

足裏から抜いている画像です。この画像は説明のため妻にモデルになってもらって撮りました。(お客さまの写真を勝手に撮ることはありません)

最後に二人で、手のひらをかざして体全体に残る余分な熱感を払って、静まるのを確認して終わりました。

今日は、慢性の頭痛と肩こり、背中の盛り上がりは感じたものの胃腸の不調は落ち着いていたようです。左ふくらはぎから足首に凝りを感じましたが柔らかさが戻りました。

ふくらはぎの擦りの療術です。この画像は説明のため、妻にモデルになってもらって撮りました。(お客さまの写真を勝手に撮ることはありません)

お茶を一杯飲んで帰られました。毎回、ご主人の送り迎えに頭が下がります。

お帰りに玄関までお二人をお見送りするのは私の仕事です。