緊張型頭痛と左ふくらはぎの凝りを感じました

毎週来られる60代の女性のお客さまです。

早々に治療着に着替えていただいて、治療台にうつ伏せになっていただいて始めます。

今日は頭が冷たくて顔色がすぐれない

頭頂部から擦り始めます。おやー、今日はいつも違うなと感じました。いつもなら左半分は冷たくて右半分が熱く感じる混在型の頭痛なのですが、今日は頭全体が冷たく感じます。

熱く感じる場合、その場所が痛みがあると血管拡張による頭痛と感じますが、逆に冷たいと感じる場合は、緊張型の頭痛と判断しています。

緊張型頭痛は、NHKの解説がわかりやすいと思います。

緊張型頭痛かどうかを判断できるのが、上記のチェック表です。1~4の2つ以上が当てはまり、5と6の1つ以上が当てはまる場合は、緊張型頭痛であると考えられます。

このお客さまを療術し始めてから初めて感じることです。多分、夜よく眠れないで苦しんでいるものと察しました。

なにしろ慢性の頭痛持ちなので、薬を飲まない日はないという位、ひどいのです。今日は薬を飲んで来てもちっとも痛みがおさまらないという感じの、グレーな顔色でもあります。

こういう場合は、最初は優しくゆっくりと全体を3回転ほど擦り、だんだんと頭の緊張をほぐしながら徐々に強く擦るようにして、さらに2回転しました。

あまり話しかけても苦痛でしょうから黙って療術を行います。どんな少しのことでも見逃さないように粛々と進めます。

百会から熱感が抜ける

最後に頭頂にある百会というツボにゆっくり器具を垂直に立ててから、じっくりと脳のほうへ挿し込んでいくというイメージを持ちながら押し当て、中から出てくる熱感を抜いていきます。

お客様から「ホッ」と、ため息がこぼれます。慣れていないお客様では、息を止めてしまう方が多いので、その場合は、息を吐いてくれるようお願いしますが、慣れている方なので器具の押すのと同時に息をホーッと抜いてくれるので、気持ちよく熱感が抜けていきます。

これで痛みがだいぶ和らぐと思います。

首筋も背中も張っています

次は、後頭部から首筋に移動して擦っていきます。首筋も背中も張っている感じです。それで、器具の底を使って擦っていきます。

まず、左肩に向かって外に払うように擦っていきます。そして、今度は左肩から左腕、左ひじまで来ると、ひじ付近には曲池というツボがありますので、一度ここで器具を垂直に立てて熱感を抜きます。

そこから手首から手のひらへと擦っていきます。手首付近でも器具を垂直に立てて熱感を抜いていきます。

うつ伏せの姿勢では手の平は下を向いているので、手の甲を優しく擦っていきます。最後に指と指の間に器具を刺し込んですべての指の間の熱感を抜いていきます。

手はこのように療術します。この画像は説明のため、妻にモデルになってもらって撮りました。(お客さまの写真を勝手に撮ることはありません)

背中に盛り上がった部分があり張っています

いつも「盛り上がり」が気になっている背中に移動します。

まずお客様の右側に立って観察してみると、やはり背中の盛り上がりがあり、いつも通りコリを感じます。

器具の底を使ってまずその部分をグリグリと回していく感覚で擦っていきます。やがて柔らかくなってきたので、いつも通り、改めて首筋から腰の方に器具を立てて擦り下げます。動かし方は「川」の字を書くようにします。

擦っていくと滑りがよい感じです。

今日は、背中の盛り上がりはあるものの、胃腸がある場所の裏側、特に大腸がある場所の裏の盛り上がった感じはありません。

いつも慢性的な胃腸の不調を感じていたお客様です。今日は胃腸の調子はよさそうですが、擦り終わった後も念のため器具の先端を立てて感じる熱感を抜いていきます。腰も調子よさそうです。

左のふくらはぎに凝りがあります

妻は、腰からふくらはぎへと擦っていき、左足のふくらはぎで逆なで擦りを始めています。やはりふくらはぎの凝りがあるのかと感じました。少し見ていると、下に擦り流したり、逆さに擦り上げしたりを繰り返しています。

だいぶ柔らかくなったようで器具を立てて熱感を抜いています。足裏もいつも通り擦って器具を立てて抜いてを繰り返して、今度は右側も同じように擦っていきます。右は調子よさそうです。すぐに作業は終わりました。

次に横向きに寝てもらいます。私は、また、頭頂からゆっくりと擦り始めます。だいぶ落ち着いた様子です。頭全体がやわらかく温かく感じ、探っても極端な温度差を感じないので、調子が戻ったようです。

背骨のあたりはこのように療術します。この画像は説明のため、妻にモデルになってもらって撮りました。(お客さまの写真を勝手に撮ることはありません)

次に首筋、肩へと移動して擦ります。こちらは調子がよさそうです。このように一度療術してよく擦ったところは滑りがよくなってくるのです。

背中から腰にかけては、妻の担当なので、私は、足裏に移動して擦ります。やがて妻が追いついてきて合流したところで横向き姿勢で反対向きの姿勢になってもらいます。同じことを繰り返して調整していきます。

最後はあお向けになってもらって仕上げの作業です。私はまた頭から擦り始めて、首、肩へと移動していきます。顔を左右に向けてもらってリンパの周辺を擦っていきます。また、首筋に器具を当てながら移動して、あごの下も擦ります。

全体的に滑りがよくなったのでよかった

よく滑っていて、調子が戻ったようです。ああよかったと思いました。

妻は、胸部からお腹、腰、太ももへと下へ下へと擦っていきます。いつも流れの悪いふくらはぎも、妻の様子を見ると良好と判断しました。

調子がよくても私たちはいつも同じことを繰り返します。擦って余分なものを下に流していきます。私は足裏までゴシゴシ擦りましたが滑りがよいです。

最後に二人で、手のひらをかざして体全体に残る余分な熱感を払って、静まるのを確認して終わりました。

今日のまとめ

このお客様は、慢性の頭痛と肩こり、ふくらはぎの凝りと慢性的な胃腸の不調があります。今日は、腰はいい調子、そして表面緊張型頭痛と左ふくらはぎの凝りも感じましたが、お帰りの時は、だいぶ調子が戻ったなと感じます。

お帰りにお茶を一杯飲んでお帰りになりました。