膝が楽になって歩くことに自信が出てきてよかったですね

50代後半の女性が1週間ぶりに来店されました。

今日もお話することが沢山あって調子よさそうです。

さっそく着替えていただいて、ベッドにうつ伏せに寝てもらって始めました。

今日も器具の先端を使って、頭から強く擦っていきます。前回も熱感を感じなかったのですが、今回も調子がよさそうです。こんな時は、こちらもウキウキしながらリズミカルに強く速く擦っていきます。

調子のよい時は頭皮がとても柔らかく緩んでいるので、擦ると、頭皮が擦る方向に行ったり来たり一緒にくっついてくるようなやわらかさを感じます。

頭を擦っていて感じとるのは、お客さんがこのところよく眠れているかいないかです。よく眠れているみたいで、たくさんおしゃべりしてくれます。

今度は右手に器具を2本持って垂直に立てて左頭頂部を擦りながら徐々に寝かして移動していきます。反対側は、左手に器具を持ち替えて擦ります。

次に、首の後ろのクボミから指2本外側にある風池というツボを先端で擦ってから抜いていきます。ここは、ズキズキする頭痛の時、痛みを取るツボです。

今日は、痛みはないようですが、念のために2本の器具を上下に動かして緊張を和らげていきます。

次は背中を擦っていきます。先端で擦りながら探りを入りて整えていきます。川の字を大きく描くようにゆっくりとロングストロークで、上から下へ擦り残しが無いように慎重に擦っていきます。

さらに、右腕から右手のひらという順に移動しながら擦っていきます。左腕から左手のひらにも移動しながら擦っていきます。

前回は比較的調子がよい感じでしたが、今日は肩から擦る時にヒジの曲池というツボ付近を強く刺激するように擦ります。落ち着いたところで、先端を当てて3か所ほど抜いていきます。骨の隙間にも差し込むように細かく細かく抜いていきます。少し熱感が出てきました。

次は、背骨に沿って首から腰に向かって、両手に1本ずつ持って背骨の両側に当てながら抜いていきます。やはり脊髄の両側には強い熱感があります。腰のあたりは調子がよさそうでした。

妻は、腰から始めて移動しながら太もも、ふくらはぎ、足首に向かって擦っています。妻の動作を見ていると、前回とは反対に、左膝とふくらはぎが硬くなっているようです。時間をかけてゆっくり擦っています。

逆なでするように足首から腰に向かって1度擦り上げます。そして、腰から足首に向かっていつものように擦ります。さらに、また逆方向に強く擦り上げていきます。そして、また、腰から足首に向かってと強く擦り下げていきます。この動きはなかなか評判がよく、また、効果的です。

下肢の血液循環は、まず上から下へ流れていき、ふくらはぎ付近にある血液弁で自然に調整され、そこから今度は下から上へ心臓に向かって戻っていくのですが、その流れに合わせているのです。

次は体を横に向けてもらいます。

私は頭頂からまた擦り始めます。先ほど、引っかかりを感じた腕の付け根から繰り返し指先の方へ擦って流します。

次いで顔とオデコを擦ってから、耳の穴に器具を入れてたまっている熱感を取り除きます。必ずといってもよいほどボッと抜けます。今日はすごい熱感で、途切れることなくポーッと数秒間出ていました。

体を逆向きにしてもらいます。また頭頂から擦り始めます。顔、耳など同じ動作を繰り返します。今度は調子がよさそうです。

最後に仰向けになってもらいました。頭頂からおでこまでの間を探りながら擦っていきます。顔全体、オデコのあたりから首にかけて擦っても滑りがよいです。

こめかみに先端を当てます。熱感を強く感じます。抜いてから足に向かって手で余分な気を払って流します。

妻は胸からお腹のヘソの回りへと移動していきました。

最後に膝の回りを、念入りに円を描くように軽く擦り、お皿の周りも軽く細かく先端を当てて熱感を抜き、それから足裏まで下に向けて擦り、二人で手で払って終わりました。

この方はもともとバネ指の痛みで来られていましたが、退職してから専業主婦となり、最近は膝痛が出てそれで困っていたのです。前回は右膝に痛みがありましたが、今日は左膝に若干痛みがあったようです。念入りに抜いたので調子は戻ったようです。

前回、うちのお店に来た後で、代々木上原まで買い物に出かけたそうです。自宅に戻ったら万歩計が1万7千歩を表示していて、最高記録だったそうです。

いよいよ歩くことに自信が持てるようになり、朝の散歩は、30分から40分に変更して距離を伸ばしたとのことです。人間は痛みが無くなるとこんなにもイキイキと楽しく生活できるものかとこちらもとてもうれしくてたまりません。

よろこんでいただけると私たちも仕事のやりがいを感じられますが、それもお客さんとの信頼関係があってこそです。

本当に信頼して任せてくれてありがとうの感謝の気持ちでいっぱいです。

お帰りはお茶を飲みながら、今度は孫の絵が飾られている会場に行ってくるよとのことです。おそらく埼玉アリーナかなと思いますが・・・。さようなら気を付けてお帰りくださいと玄関までお送りしました。