両膝とも調子がよくなったようで散歩を楽しんでいるようです

50代後半の女性が1週間ぶりに来店されました。

レースのカーテン越しに木漏れ日ゆれる広い空間の中、お一人だけのゆったりした時間を過ごしていただきます。なお、ご希望のお客様には、持って来ていただいたCDを聞きながら療術を受けることも出来ます。

いつもの通り療術着に着替えていただいて、ベッドにうつ伏せに寝てもらいます。

強く擦ってもよい感じに頭の滑りがよいです

最初はいつもの通りに器具の先端を使って、頭から強く擦っていきます。今日も調子が良いようです。こちらもリズミカルに強く速く擦っていきます。やはり調子のよい時は頭皮がとても柔らかく緩んでいるので、擦ると、頭皮が擦る方向に一緒にくっついてくるように感じます。

次は右手に器具を2本持って垂直に立てて左頭頂部を擦ります。右側は、左手に持ち替えて擦ります。

次は後頭部を先端で擦っていきます。次に背中に移動してやはり先端で擦っていきます。いつものように川の字を大きく描くようにゆっくり上から下へ擦ります。

次は肩から右腕へ右の手のひらへと移動しながら擦っていきます。同じように左腕へ左の手のひらへと移動していきます。

背骨1個ずつ両側に器具を当てて抜いていきます

背中は、背骨に沿って首から腰まで、背骨を1個ずつ探りながら抜いていきます。背骨の両側に先端を当てて熱感を抜いていきます。腰のあたりまで調子が良いです。

妻は、腰から始めて移動しながら太もも、ふくらはぎ、足首に向かって擦っています。妻の動作を見ていると、軽快に擦っていて、ニコニコしてやっています。

今日はふくらはぎが柔らかい

療術中にめったに話しかけたことのない妻ですが、お客さんに「ふくらはぎが柔らかくなって調子がいいですね」といっていました。

ふくらはぎの擦りの療術です。この画像は説明のため、妻にモデルになってもらって撮りました。(お客さまの写真を勝手に撮ることはありません)

前回は左膝のふくらはぎが硬くなっていましたが、今日は両方ともふくらはぎの調子が良いようです。下肢の血液循環がだいぶ改善されたのでしょう。

次は体を横に向けてもらいます。

私はまた頭頂から擦り始めます。次いで顔とオデコを擦って、耳の穴に器具を入れてたまっている熱感を取り除きます。

今度は体を逆向きにしてもらいます。また頭頂から擦り始めます。顔、耳など同じ動作を繰り返します。

最後に仰向けになってもらいました。頭頂からおでこまでの間を探りながら擦っていきます。顔全体、オデコのあたりから首にかけて擦っていきました。

いつものとおり妻は胸からお腹のヘソの回りへと移動していきます。

最後に膝の回りを、念のために円を描くように軽く擦り、お皿の周りも軽く細かく擦っていきます。足裏まで下に向けて擦り、二人で手で払って終わりました。

手で払っている様子です。

今日のまとめ

この方はもともとバネ指の痛みで来られていましたが、最近は膝痛が出てそれで困っています。前回は、左膝に若干痛みがあったようです。

今日療術した感じでは、硬かったふくらはぎが柔らかくなって改善されたので両膝ともに調子がよくなった感じがします。

散歩のことを尋ねると、毎朝散歩しているようで、40分歩いているとのことです。

お帰り前に、お茶を飲みながら、ポツリと「先生、不思議とここに通うようになってから頭痛がなくなったんですよ」といわれました。

私はお客さんが「ここが痛い」といわなければ、こちらから「ここが痛いでしょう?」なんて、よほど状態が悪くなければ聞かないようにしています。

この方と頭痛の話はしたことはなかったのですが、いつも後頭部にたまっている熱感を抜いていたのは、ここだけの話です。

今日もさようなら気をつけてお帰りくださいと玄関までお送りしました。