ふくらはぎから足首にかけて滞りがありました

毎週通って来られる方が、今日も旦那さんに車で送迎してもらって来られました。60代の女性のお客さまです。

慢性的な頭痛を始め、肩こり、便秘、胃腸の不調など、その時々の身体の気になる不調を解消して、快適な日常生活が出来るよう療術を行っています。

いつもの通りうつ伏せになっていただいて始めました。

今日は頭痛がないようです

頭部から器具を使って擦り始めましたが、珍しくすべりが良く、この間の頭痛の気配は感じませんでした。この方とはつき合いが長くなり、気心が知れているのでもうどこが調子が悪いかなんてお聞きしません。

いつも頭からつま先まで療術をして、迎えに来た旦那さんにベストコンディション(?)で奥様をお返ししています。

肩と背中の状態もいいな

今日は肩から背中の状態がとても良く、器具の滑りがとてもよいです。それで今までにないロングストロークで擦っていきます。

真ん中の背骨から脇腹に向かってブラシをかけるように、そして胸骨の形をなぞるように擦っていきます。この動作を背骨から左右に行います。

次に。頭部からお尻に向かって下方向に、背骨を中心にして右側と左側に分けて擦っていきます。ブラシをかけるようにロングストロークで擦っていき、腰のあたりで止めます。次に左側も同じように行い、やはり腰のあたりで止めます。

腰のあたりは、体の不調を発見するきっかけになるので、注意しながら細かくていねいに擦っていきます。ここは背骨から左右に擦ると決めているわけでなく、器具で行ったり来たりをくり返しながら探索します。動きがリズミカルになるので、とても気持ちが良いそうです。

臀部も上から下へと擦っていきます。椅子に座る生活をしている方がほとんどなので、意外と滞りやすい場所です。

次に太ももからふくらはぎにかけても上から下へ擦っていきます。

ふくらはぎから足首にかけて滞りがあります

今回は、ふくらはぎから足首にかけて擦ると滑りが悪く、ここで器具の底や腹の部分を使い、上下左右に4度ほど行ったり来たりゆっくりと柔らかく擦ります。

最初は滑らなかった箇所は、だんだんと柔らかくなり滑りが良くなりましたが、どうも、もう一つの仕上がりです。

それで、また太ももに戻って細かく探り、熱感を感じたら器具を置いて抜きながら調子を整えました。その後は滑りが良くなってきたので、擦りながら足裏に移動しました。

そこでまた擦りましたがかなり熱いので、少し長く器具を15秒ほど置いて熱感を抜くと、落ち着きました。

今度は横になってもらい、側面からの療術で、頭部から頸椎、肩へと移動しながら擦りましたが、器具から伝わって来る感覚では、調子は良いようです。左右の側面から擦っていっても滞りをあまり感じないので調子がよさそうです。

背中から腰に掛けて担当している妻に聞いてみると、肩甲骨のあたりも調子が良さそうです。

体の側面から下に向かって擦っていき、腰からふくらはぎ、ひざ回りと丁寧に擦っていくうちにお客さんの調子も上がったようです。足首周りも残した部分がないように擦ります。

鼻周辺に花粉症特有の流れの悪さは感じません

次に、仰向けに寝てもらいます。今日は、花粉症の不調は感じず、鼻の周辺の調子は良いようです。スッキリしていると思います。

また、頭部から擦っていきます。今度はゴシゴシと擦っていきます。少し強めに擦っていますが、お客さんは心地よさを感じているようです。

妻は胸部から腹部にかけて擦ります。私は移動して腰から太ももへ、そしてふくらはぎへと擦っていき、足首、次に足裏へと進めます。伝わって来る感覚はうつ伏せの時とは違い、調子が良いようです。

今日は、全体的に調子が良く問題がないようです。お腹から腰にかけても問題なしの感覚です。足裏も滑りがよかったです。

最後に、妻と私で、頭と腰からそれぞれ担当した部分に残っている熱感を手で払って終わりにしました。