いつもの頭痛と今日は胃腸の調子が悪かったようです

毎週通って来られる方が、いらっしゃいました。60代の女性のお客さまです。

いつも通り、うつ伏せになっていただいて始めました。

頭部から器具を使って擦り始めると、今日も頭痛があるようです。左後頭部を擦ると器具がチリチリと熱くなり、右に移動すると反対にとても冷たく感じます。

お客さまは長年頭痛に悩まされていて、病院で検査しても異常は見つからないそうです。

頭痛もちの方は、だいたい、熱感がある場所と冷たく感じる場所があり、バランスがよくない感じがします。

気になる部分を行ったり来たりしながら擦り、写真のように先端を当てて熱感を抜くことを3度ほど繰り返しました。

だんだん熱感がなくなり、器具の滑りがよくなって来ました。左右の温度差が少なくなったので、移動します。

頸椎から肩へと移動しながら器具を当てていくと、調子は良いようです。

次に背中から腰にかけて、器具の底部を使い擦っていくと、胃の裏側がとても滑りが悪く、引っかかる感じが強くあります。

それで、横方向に行ったり来たり擦りながら3往復しました。そして、もう一度肩から擦り始めて腰に向かって上から下へ全体を流していきます。

器具を通して私の手に感じる引っかかりが取れるまで念入りに繰り返します。最初にひどく引っかかった箇所もさすがに滑りが良くなります。

面白いのは、この作業を行っていると胃腸が動き出すのか、お腹がグーグー鳴り始めます。それが調子がよくなってきたサインだと思っています。

念のため、先端を細く当てて残った熱感を抜いていきます。最後に確認のため、器具の底を使ってまた肩から一通り擦ってみると、滑りがよく調子がよくなったようです。

次に腰から下の方に移動します。

背中から腰に掛けては、面積が広いので広範囲を、いわゆるロングストロークで擦ります。そうすると患者さんは気持ちがよく、以前、腰の調子が悪かったのですが、今日は調子がよさそうです。

写真のように、ふくらはぎを器具の腹で擦って流れを整えています。

ふくらはぎとひざ回りを、器具を円形に動かしながら底で擦っていくと、ふくらはぎの調子が悪いようです。上下に行ったりきたり擦るのを繰り返します。小刻みに擦って滑りの悪い箇所を探してくことは慣れが必要です。しかし、丁寧にやっていけば必ず見つけることができます。

器具の腹を使って筋肉の硬さや冷感を感じる箇所を繰り返し擦っていくと、一定の温かさに変わり滑りもよくなります。

次に、足首周りを丁寧に、ほうきで細かいゴミを残さず掃くように擦ります。最後に足裏を擦り、先端を使って熱感を抜いて、からだにたまっている余分な熱感を外へ出します。滑りがよくなったので終了です。

次に、体の側面を上に向けて寝てもらいます。

また、頭部からゴシゴシと擦っていきます。少し強めにゴシゴシしながらお客さんに心地よい強さで進めて行きます。

頭の次に、顔の側面を擦りながら首筋へ肩へと進めます。

次に背中から腰に掛けて擦ります。調子よさそうです。今度は腰から太もも、ふくらはぎへと擦っていき、足首へ足裏へと進めます。すべて調子よさそうです。

次に反対側の側面を上に向けて寝てもらい、同じことを繰り返して体を調整していきます。反対側も調子よさそうです。

最後の仕上げは仰向けになってもらいます。

頭部から今までより少し強く、心地よい程度にゴシゴシ擦って行きます。器具を両手に1本ずつ持って、器具の腹で顔の左右を撫でていきます。

今日は、鼻の周辺は滑りがよくて花粉症は調子よさそうです。

次に顔を左向きにしてもらって、首のリンパの周辺を擦っていきます。疲れているとベタッと吸いつくような滑りにくさを感じますが、今日はさっぱりとしています。

次に顔を右向きにしてもらって、顔から首筋に器具を当てながら移動して、あごの下にも器具を立てて擦ります。

妻は太ももから下へ下へと余分な氣を流して、足裏をゴジゴシよく擦ってから、取り残しのないように先端を当てて抜きます。最後に二人で手のひらで払って終わります。