今日は左膝に痛みがあり、花粉症の鼻づまりがひどかったようです

50代後半の女性が、先週の療術後に予約され、引き続き来店されました。

先週は、左腕から背中にかけての痛みでした。今日は調子が悪いところはありますか?とお聞きしましたら、今日は孫を抱いているので、膝の痛みが少しありますが、それよりも、何よりも花粉症で鼻づまりがひどく、夜もよく眠れませんとのことです。

今日は鼻づまりがひどいそうです

さっそく治療着に着替えてもらい、いつも通りベッドにうつ伏せに寝てもらい、療術を始めました。

まず、頭部を器具で擦ると、前回と同じようにチリチリと熱感を強く感じました。そこで、器具の腹で頭部全体を細かく擦ります。

ややっ、出てくる出てくる、強い熱感がチクチク手のひらに伝わってきます。

私の体にも飛んできて体全体がかゆくなり始めたので、療術を一時中断して、器具を使って自分の体を擦って熱感を払います。落ち着くまで20秒。そこで再開です。

次に器具の先端を頭部に当てながら10秒程度止め置き、熱感を抜いていきます。

頭の点穴の様子

頸椎5番から7番にかけて滑りが悪い

首筋に移動して探っていくと、前回と同じ、頸椎5番から7番の間がとても滑りが悪く、さらに首筋も滑りが悪い状態でした。

器具の腹を使って、背骨を中心として左右の首筋を片方ずつ軽く擦って調子を整えます。滑りが悪いというのは、器具にベットリと何かが吸いついてくるような感じがします。

それで、器具の底で5、6度擦ってから、器具の腹でゆっくり軽く首筋に向かって擦っていると滑りがだんだんと良くなってきます。

頸椎に器具の先を当てて残った熱感を数秒ほど抜き、さらに場所を変えて、10箇所ほど同じことを行いました。

頸椎を器具で擦っている様子

器具の腹で擦って確かめてみると、滑りがとてもよくなったので背中に移りました。

ふくらはぎも張っていたようです

妻は、腰からふくらはぎ、足首に向かって擦っていきました。ふくらはぎの滑りが悪いらしく、何度も器具の腹で擦っています。

背中の凝りを感じます

その間、私は背骨を中心に左右に分け、器具の底で背中から腰までぞれぞれ擦り下ろしました。次に、背骨を中心に今度は横方向に左右に擦りながらもう一度、上から下へ移動していきます。

今日は、背中全体が滑りが悪く凝りを感じました。凝りのあたりを擦っていると熱感が集まってきました。

そこで、器具の先端を当てて熱感を抜き、その周辺を擦っていると、筋肉の張りなのか、盛り上がった感じがおさまり、左右のバランスが戻ったところで腰に移動します。

一度、妻が擦って腰の中にある熱感を表面に出して来ているので、腰もスムーズに流れていきません。何度も何度も腰を左右に行ったり来たり器具の底と腹で擦っていくと、熱感があったところがだんだんと普段の体温を感じるような温かさに変わってきました。

調子が良くなってきましたので、体全体に残る熱感を妻と二人でゆっくりと手で払いました。

左膝の痛みは膝裏を擦っていると感じます

お客さんは、前回も左膝が痛いといっていましたが、今回は重いともいっています。家事仕事で足が疲れていたのだと思います。

膝の後ろ側を軽く擦っていくと、とても滑りが悪いです。膝周辺を集中して何度も擦っているうちに滑りがよくなってきました。

ふくらはぎ、足首をみると今回はあまり引っかかりを感じないので、擦ることに専念して足裏まで終わり、手で余分な熱感を払い終わりました。

今度は体を横向きにしてもらいます。

また頭部から擦り始めますが、先ほどのような熱感は感じられずとても調子が良いです。そのまま首から肩を経由し、お客さんの手から指先まで擦ります。流れがよくなっているのを感じます。

いつものように左手の手のひらを軽く擦ってみると、いつものとおり親指の付け根にある太陽丘は硬くなっていましたが、擦ると気持がよいようです。

次に、反対側を上にして横向きになってもらい、また頭部から擦り始めますが、滑りがよくスムーズに進むので、一気に背中、腰、ふくらはぎ、足首まで流しました。

足裏も熱感が少なく底で何度が擦って最後に手で払いました。

最後に仰向けになってもらいました。

頭頂からおでこまでの間を探りながら擦っていくと、リズムに乗って調子よく滑ります。ここは調子がよいようです。

しかし、顔を擦り始めると花粉症のため、赤ら顔をしていてややむくんでいるように感じます。顔全体をおでこのあたりから首にかけて何度も何度も行ったり来たりして器具の腹の部分を使って擦っていきます。

鼻の周辺の熱感をとります

すべりが良くなったところで、こめかみに先端を当て何度か熱感を抜き、鼻の周辺も、細かく先端を使って熱感を抜きました。すると息苦しく呼吸していたものが、鼻の通りがよくなりスッキリしたようです。

余分な熱感は手で下へと手で払って流します。

妻は胸からお腹のヘソの回りへと移動していきました。

最後に膝の回りを、円を描くように軽く軽く擦り、お皿の周りも軽く細かく先端を当てて熱感を抜き、それから足裏まで下に向けて擦り、二人で手で払って熱感が静まったところで、終わりました。