今日は慢性の頭痛や肩こり、胃腸の不調、ふくらはぎの凝りも感じなかったですね

毎週来られる60代の女性のお客さまです。

治療着に着替えていただいて、治療台にうつ伏せになっていただいて始めます。

頭頂部から擦り始めます。このお客様は慢性の頭痛持ちなので、薬を飲まない日はないというぐらいにひどいのです。

頭痛を感じないです

しかし、先週に引き続き頭の調子が良いようです。このようなコメントを書けるのは何年振りでしょうか。まるで別人を療術しているのかと思うくらいです。こちらも壮快な気分になり、快調に頭頂部をゴシゴシ擦っていきます。滑りの悪い所はありません。

こういう状態を絶好調というのでしょう。先週と比べても、はるかに調子がよいです。滞った熱感を全く感じません。

次は後頭部から首筋に移動して擦っていきます。首筋も調子が良くて心配ありません。

いつも「盛り上がり」が気になっている背中に移動します。

背中の盛り上がりも今日はない

お客様の右側に立って、まず観察してみると、今日は見た目の背中の盛り上がりがなく、肌の色にも違和感はありません。しかし、いつも通り、首筋から腰の方に器具を立てて擦り下げます。動かし方もいつもと同じように「川」の字を書くようにします。

いつもの背中の盛り上がりがないので、擦っていても流れがとてもよいです。今日は最後までこの調子で行けば嬉しいなと思いました。

今日は、胃腸がある場所の裏側、特に大腸の裏の盛り上がった感じもありません。器具を通していつも慢性的に胃腸の不調を感じていたお客様にこんな日が来るとは不思議なくらいですが、よい調子を保つために要所要所は、擦り終わった後も器具の先端を立てて抜いていきます。

腰の右側も滑りがよい

前回問題のあった腰の右側も滑りがよく心配いりません。

次に反対側を上にして横向きに寝てもらい、同じことを繰り返して調整していきます。

最後は仰向けになって仕上げの作業です。私はまた頭から擦り始めて、首、肩へと移動していきます。顔を左右に向けてもらってリンパの周辺を擦っていきます。また、首筋に器具を当てながら移動して、あごの下も擦ります。調子がよいです。

ふくらはぎも滑りがよい

妻は、胸部からお腹、腰、太ももへと下へ下へと擦っていきます。いつも流れの悪いふくらはぎも、妻の様子を見ると良好と判断しました。

調子がよくても私たちはいつも同じことを繰り返します。擦って下に流していきます。私は足裏までゴシゴシ擦りましたが滑りがよいです。

今日はパーフェクトといってもよいくらいの日です。お客様に感謝したい気持ちで思わず一礼してしまいました。

最後に二人で、手のひらをかざして体全体に残る余分な熱感を払って、静まるのを確認して終わります。

今日のまとめ

このお客様は、慢性の頭痛と肩こり、ふくらはぎの凝りと慢性的な胃腸の不調がありますが、今日は全体的に改善されていて調子がいいなと感じます。

お帰りにお茶を一杯飲んでお帰りになりました。